読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本音だけ書く用のブログ

本音を徒然なるままに書いていきます。仕事を辞めて東大で哲学をしている30代半ばのおっさんです。目をそらしたくなるような心の奥深くにあるような欲望に真っ直ぐ向き合う。北海道出身。新宿喜久井町で一人暮らし。未婚。

不労で生きていけるようになったらどうするか

まずは、毎日ランチや昼に働いている友人に会って話を聞くだろう。今どういう仕事や取り組みをしているか、抱えている問題は、目標は何か、挑戦したいこと、嫌なこと、楽しいこと、生き甲斐など。

 

それに紹介とかもしてもらえば、毎日のように会う人間はいるだろう。

 

1日3000円ランチか飲み台として、1ヶ月10万あればいける。まあ一回でどんと飲む場合もあるかもだが。

 

これをちょっとやると、おそらく社会に何か影響を与えたり、チームで何かに一緒に取り組むことを求めるようになるだろう。

 

やっぱり自分で何かやらないと飽きてくるはず。

 

そのときに何をするか?

 

ちょっとしたニーズを突くようなサービスを作るのは嫌だし、国際関係についてどうこういうのはマクロ過ぎて実感が無い。総合商社やグローバル企業で力を発揮するのも面白いがちょっと現実味ない。。

 

そうするとやっぱり自分で本気で面白いと思えるサービスがいい。主観的に面白いでなきゃだめだ。社会にこういうのが必要、という発想だと人間の主観ベースで練られてないので面白いものはできないだろう。(偶然できる可能性はあるけど)

 

やっぱり自分がこれは面白い、というのを作らないとだめだ。

 

で、おれは何を面白いとおもうわけ?

過去に何が面白かった?

 

友人といいレストランで飯食って飲むこと

彼女や家族と過ごして無条件の愛を感じる

スポーツで汗を流す 試合に勝つ

心の底の悩みを書き出す

人前で発表したりして共感を得る

チームに所属し結果を出し認めてもらう

 

まあ、こういうところが幸せということかな

 

じゃあ、そういうもの作るか

 

正直、コンテンツ創作はどうかと思う。

コンテンツって人間的すぎて、かなり思考が必要だ、根源的な意味や価値の発生現場から遠くなっている。

まあ、根源的なものが見えるようにするのでもいいけど。