読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本音だけ書く用のブログ

本音を徒然なるままに書いていきます。仕事を辞めて東大で哲学をしている30代半ばのおっさんです。目をそらしたくなるような心の奥深くにあるような欲望に真っ直ぐ向き合う。北海道出身。新宿喜久井町で一人暮らし。未婚。

自分の性欲を分析

最近、日本人らしい清楚な感じの娘が好きだ。見るたびにSEXしたいと思う。付き合いたいとも思うが、別に二人っきりでコミュニケーションを楽しむというよりは早く挿入したい。

 

才女っぽい、すらっとした165CM以上の女に目が引かれる。ちゃんとどんな話も真面目に相槌打ちながら聴いてくれるような人。

 

これはどういうことだろう?

 

こういう女にコンプレックスがあるのだろうか。たしかにこういう正統派みたいな女は正統派のクラスの中心男子に持っていかれるのが普通。だからそこに入れなかった自分はそういう女を欲している、というよりそういうクラスの中心にあこがれていたのかもしれない。

 

しかし、実際自分でいうのもなんだが、クラスの中心には自分はいた。そしてよく考えると、僕はほぼ男子校で教育を受けたから主流にいるとかあんま関係ない。よく考えると、男女半々という共同体にほとんどいたことがない。かわいいおんなの友人もいるのだが、毎日など頻繁に顔を合わせる共同体はほとんど男性社会であった。

 

そして、もっと冷静に考えると、別に才女系にかぎらず、普通に可愛ければいいし、155Cmだろうと構わない。アスリート系も好きだし、ギャル系ももっとすき。どないやねん。

 

何かあればすぐにおっぱいにむしゃぶりつきたいのも事実。

 

これはフロイト先生に診断してほしいな。ってか男ならみんなこんなもんだろう。